2015年 04月 15日
鳩笛
b0156397_11188100.jpg


次のステンドグラスの下絵。
鳩笛を持った少女というイメージから夢想。
描くにつれイメージが確かになるが何か足りない。
「鹿の王」の作家上橋菜穂子さんが、においのイメージがわくと文章が溢れてくると
語っていた。
確かに、人間の臭覚のイメージも豊であった。ふとしたにおいで過去の情景を思い出す。
そして時を忘れる。
視覚的なイメージが氾濫する今、臭覚が鈍感になって視覚的イメージに、においがないし
探ろうともしない。
においのイメージは過去の豊な経験から、生まれてくる。
頭の中の引き出しを開けてみよう。

アトリエミュージデのホームページ


 
にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
にほんブログ村
[PR]

by keiji-takai | 2015-04-15 11:56


<< 金魚(ダルガラス)      悲しみのマリア >>